予備校に通っても彼の国語の成績はよくなりませんよ

ある、浪人しそうだという高3生の答案を見たところかなりの重症でした。


そこで返信メールに次のように書きました。


う~ん・・・正直に言って・・きついですね。

まずは4~5か月はすこしずつでいいので こつこつ練習しないと国語の成績はよくならないでしょうね。

難しい問題をやる必要はありません。 基本的なことができれば、そこから頂上はすぐ近くですから。

今回は、要約文はうまく書けなくても、これは問題ありません。 これまで要約文なんてほとんど書いたことがないでしょうからね。 (そのわりにはよく書けていたほうかもしれません)


問題は問いの答案です。


問5がちがっているのですが 問5の答案をみただけで「国語はかなり苦手だな」とわかります。

間違え方が悪いのです。 ・・・・などとつづく。


具体的にどこがどういけなかったのかはここには挙げませんが、はっきりいって中1レベルでした。


すると今日親御さんから電話をいただきました。


かなり厳しいことをいいましたが、おそらくそんなことは言われたことがないのでしょうね。


学校の先生もただ授業をするだけで彼の成績を伸ばしてあげようなんてこれっぽっちも考えていません。 塾の先生も同じです。

予備校に行くようなことを言っていましたが「予備校に通っても彼の国語の成績はよくなりませんよ」と話しました。


それでよくなるくらいだったら、これまで小学生のころから数百時間国語の授業をうけていているのでしょうから、それで力はついているはずなのです。


ところが、それでも力がつかなかったのだから、今後1年間予備校の授業をうけてもそれで成績がよくなるとはとうてい思えません。


それでは、今後彼はどんなことをしたらいいのでしょうか? いくつかの具体的アドバイスをしました。


ちょっと長くなるので、それについてはまた明日。